オイルクレンジングのデメリットとは?

 

クレンジングといえばオイルという人も多いと思います。

 

また、特に意識して使っていなくてもドラッグストアで気軽に買えることから、何気なく使っていたという方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、クリームタイプやジェルタイプなど様々なメイク落としの中でも、化粧を落とすことだけをメインに考えればオイルクレンジングが好まれるのも理解できます。

 

しかし、オイルタイプではないメイク落としでもしっかり落とせるものもあるのです。

 

また、オイリー肌や乾燥肌の人にとっては、リキッドタイプやジェルタイプのほうが、かえって肌トラブルが少ないというのも大きなメリットです。

 

なぜ乾燥肌にはオイルがよくないのか?

 

それは、オイルクレンジングは必要な皮脂を取り除きすてしまうというデメリットがあるからなんです。

 

洗浄力が強いというメリットは、同時に肌の乾燥を招きやすいというデメリットにもなり得るというわけです。

 

もちろん、メイクを綺麗に落とせなければその汚れから肌トラブルに繋がってしまいますが、オイルを使わないメイク落としでも十分に洗浄力はあるので、肌トラブルに悩まされがちな人はメイク落としを変えてみるのも一つの手かもしれません。

 

また、アイライナーや口紅などはジェルやリキッドなど商品によっては落ちにくいので、その部分だけポイントメイク用のクレンジングを使い分けるのもお勧めです。

 

オイルはたしかによく落ちます。でも…

顔の毛穴の汚れが気になる方の中には、まずは落ちの良い化粧落としでケアをしたいと考える方も多いことでしょう。

 

商品によっても様々なタイプのものがありますが、自分に合ったものを正しく使用することで効果的なケアをすることもできます。

 

私の経験上からアドバイスさせてもらえば、クレンジングを買う場合には、よく落ちるというのは大前提。

 

それでいて肌に負担がかからずに化粧を落とせるもので、保湿もちゃんとできるかどうかで選ぶのが大切です。

 

なぜなら一般的なオイルクレンジングを使用した後は、メイクが落ちるぶん乾燥も進んでしまい、結果として毛穴が大きく開いた状態になっているからなのです。

 

化粧水でお肌に十分な水分を与える事も大事ですが、化粧を落としている段階で潤いを与えてくれるメイク落としを選ぶのがより効果的というわけです。

 

逆に言えば、よく落ちるのであればあえてオイルクレンジングを使う必要はないのでは?というのが私の考えです。

 

私も使っているオルビスのリキッドもよく落ちて肌に優しいと市販品では有名ですので、乾燥や毛穴の悩みのほかオイルクレンジングのヌメヌメ感など使用感にデメリットを感じている方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?